オススメのAGA治療薬

ここではAGA治療の定番であるふたつの医薬品を簡単に紹介しましょう。

まず最初に紹介させていただくプロペシア。
有効成分が男性ホルモンの作用を強力に抑制してくれます。
AGAはホルモンの作用によって起こるため、プロペシアとはいわば根本のAGA治療薬と言えますね。
プロペシアによって、髪が少なくなるのを防ぐ効果が期待できますが、半年以上服用を続けることで徐々にその効果は感じられるようになってきます。
しかし病院では1ヶ月分でもおよそ10000円ほどと高額なため、継続が難しく感じられる方も多いかもしれません。
現在は通販などで安価な後発医薬品が購入可能なので、そちらを服用される方も急増しています。
エフペシアやフィンカーなどが後発医薬品としてありますが、フィンカーは成分量が5mgである点が先発薬とは異なる点ですね。

続いては積極的なAGA治療薬のミノキシジルです。
日本ではリアップの成分で、薄毛でお悩みの方にはおなじみなのではないでしょうか。
もともとミノキシジルは高血圧患者用の血圧降下剤として研究、開発されました。
しかし血管の拡張を原因とする多毛の副作用が発見され、そこから育毛剤の成分へ転用されることとなったのは意外と知られていません。
リアップの成分量は5%までですが、海外製品ではさらに強力な10%を越える成分量のものもあります。
また、日本で承認がされているものは、薄毛が進んだ部分へ塗布するリキッドタイプのものですが、体内から全身へ成分が行きわたる経口薬のほうが高い発毛の効果があります。
このミノキシジルの経口薬は日本では承認されていないため、海外通販で購入される方が多いようです。
経口薬は成分量が2.5mg、5mg、10mgのものが流通していますが、成分量に比例して副作用の動悸やむくみ、全身の多毛なども顕著になります。
自身の症状によって成分量を決定しましょう。
また10mgや5mgをカットすれば経済的です。